スポンサーリンク

【筋トレ初心者向け】食事の基礎を学べる『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』

4月 18, 2018

鬼の背中に憧れる筋トレ初心者

どうも、レックス(@complexovercome)です。

本日は、『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の書評レビューをします。

スポンサーリンク

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』とは

内容

Twitterフォロワー数18万人!(2017年6月時点)大人気のマッチョ社長が考える最強の「食べ方」を公開。多忙、飲み会、外食…理想的な食事は難しいビジネスマンでも「最低限これだけやっておけば大丈夫」な内容を網羅した1冊

引用:『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』のAmazonページ

著者のTwitterアカウント

Testosterone
1988年生まれ。大学時代は総合格闘技団体・UFCのトッププロ選手と生活をともにし、最先端のトレーニング理論とスポーツ栄養学を学び、自身も米国にてデビューを果たす。現在は、とあるアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学を普及させることをライフワークとしている。2014年よりツイッターを開始。3年でフォロワーが18万人を突破(2017年6月現在)。人気を博す。完全無料のダイエット・筋トレ情報サイト「DIET GENIUS」、有料オンラインパーソナルサイト「GENIUS PERSONAL」、無料のアスリートメディア「STRONG GENIUS」の代表を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用:『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』のAmazonページ

フォロワー数が45万を超える(2018/3/20時点)、超人気有名アカウント。

その名もTestosterone(テストステロン)さん。

※テストステロンとは、男性ホルモンの一種。

筋肉を増やしたり、生殖機能の発達に大きな役割を果たす

 

日々有料級のモチベーションが上がるツイートの数々を、無料で呟いてくれます。

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の1分間解説

内容は主に食事について。

筋トレの方法や、身体の仕組みに関する解説はほとんどありません。

 

本書冒頭に、『基礎を押さえない限り、いくらその他の細かい部分を気にしたところで仕方がない。そこで基礎の部分を詰め込んだ』とあるとおり、超基礎的なことが解説してあります。

 

テーマは『最後のダイエット』。

その背景には、メディアによるインチキダイエットで踊らされる人を撲滅するため。

 

正しい知識を得て、人生最初で最後のダイエットを成功させるのが、本書の目的です。

スポンサーリンク

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の勉強になるポイント

目次

  • chapter1:インチキダイエットに騙されるな!
  • chapter2:筋トレビジネスエリートがやっているたった一つの「基本」
  • chapter3:何を食べ、何を食べないか それが問題だ!
  • chapter4:これで完璧! 「ワンランク上」の食べ方の知識

中身も伴った本当の身体を手に入れよう

1ヶ月で落としていい体重の目安は5%までだ。

ダイエットというと、短期間で一気に体重を落とそうという人が大勢います。

しかし、それは体重だけでなく、筋肉も落ちるため、かなり代謝の悪い体質になる可能性大。

 

体重も筋肉も減ってしまい、見た目が変な身体。

それをスキニーファットと言います。

■スキニーファット

痩せ太り。筋肉が少ないため身体は細いが、脂肪は残っている状態

 

私も経験があるのですが、急激な減量は非常に不細工な身体を作ってしまいます。

 

身体のラインや肉の付き方が歪で、お世辞にも綺麗な身体とは言えません

本書では、体重という数字だけでなく、見た目の美しさにもこだわったボディメイク術が指南されています。

 

そのためには、しっかりとした食事管理を徹底し、一気に体重を落としすぎないことがポイントです。

本気で痩せたいなら、「ランニング」は恐ろしくコスパが悪い

120km、つまり東京マラソンを3回走り切ってやっと1kgの体脂肪が燃える

これは私もよく心がけているのですが、痩せるためには運動より食事管理が大事です。

ランニングは確かに達成感や爽快感をもたらしてくれますが、”痩せる”を考えた時に非常に非効率。

仮に120km走れる人がいたとして、それだけ走り終わった後にはそれ相応の食事をしてしまうはずです。

 

ランニングで減らせる体重などたかがしれているので、意識すべきは運動量の増加ではなく、食事量を減らすことです。

激しい運動で、体脂肪と一緒に筋肉も分解しては元も子もありませんからね。

「どれだけいい運動も、悪い食習慣は倒せない」

「食事の知識」はビジネスマンの最強の栄養である

食事に関する知識は学歴より大事だ。学歴がいくら高くても、仕事が完璧だったとしても、身体を壊してしまっては、人生は台無しになってしまう。

 

chapter2以降は、具体的な食事管理方法のマクロ管理法を用いて解説されます。

  • メインの栄養はやはり玄米やオートミールなどの良質な炭水化物、鶏むね肉や牛肉などの良質なタンパク質源、ナッツやアボカド等の良質な脂肪源から摂取すべきである
  • 食べすぎたからといって、絶対に翌日の食事で取り返そうとしないでほしい。
  • インスリンが出ている間は、カロリーを体脂肪として溜め込みやすくなる。要は、身体が太りやすい状態になっているのである。

 

具体的な食材名や、摂取タイミング、過食した日の調整方法など、かなり具体的に食事方法が解説されます。

私自身今まで間違って理解、認識していた食事の知識があったので、本書を読んで修正ができました。

良質な各マクロ栄養素の紹介や、便利な摂取栄養素管理アプリなども、紹介してありますので、是非参考してください。

巻末付録、最強の筋トレめしレシピが最高

本書の最後には、筋トレに役立つ栄養満点で食欲をそそるレシピが紹介されています。

材料、栄養素、作り方付きで紹介。

 

どれも食欲をそそるものばかりで、ダイエットのためでなく、絶品筋トレめしを食べるためにトレーニングしたくなるものばかり。

【巻末付録、最強の筋トレめしレシピ一覧】

  • チキンdeロコモコ
  • ツナの親子丼風
  • クラシックバーガー
  • 鶏照りバーガー
  • 鶏団子のはりはり鍋
  • 牛肉赤ワイン煮
  • 和風ツナおろしパスタ
  • 鶏南蛮そば
  • サラダチキンバーガー
  • 鶏むね肉のチョップドサラダ
  • プロテインオレンジスムージー
  • ブロッコリーのポタージュ
  • 納豆アボカドサラダチキン
  • マッシュドカリフラワー
  • プロテインプリン
  • ピーナッツバターボール
  • 豆腐ティラミス

 

ダイエット食にありがちな、味気なさはなく、どれもガッツキたくなる身体に良いメニューばかりです。

正しい知識を得て、効果的なトレーニングを行い、美味しい筋トレめしを味わいましょう。

『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』のAmazonレビュー一覧

トレーニング本は数あれど食事の方法についての本は少ないと思います。
筋トレ初心者、ダイエット初心者はどういった食事をしていくことが正しいのか、
特にダイエットに関しては色んな情報が溢れすぎて危険を感じます。
本書ではマクロ管理法について語られております。
過渡な情報に流されず食の重要性を説いています。
しかしながら、筋トレ中・上級者には既知の内容であり改めて購入する必要はないかと思います。

 

わかりやすい
やるか、やらないか、のみ
実行した人だけが違う世界を見ることができる
と、信じて即実行

 

気さくな筋肉社長をうたう筆者の語りが単純に面白いです笑
オススメの食材やレシピなんかも載ってて、健康書として、読みやすい、とっつきやすいで大満足でした!

 

食生活の原理原則だと思います。ページも少なく、忙しい人でもすぐ読めます。

 

普段から筋トレに励んでいる者です。ちょうど最近マクロ栄養素の管理を始めた所にこの本が発売になったので早速読みました。食事の管理については今までトレーニング本などの栄養摂取についての記載部分やインターネットから得た程度の知識でしたので細かい解説や考え方は本当に為になりました。何が良かったかと言うと、著者特有のまるで同僚や先輩から教えてもらっているような言い回しや専門的過ぎる解説の領域まで達していない部分です。そうかと言って根拠の無いゴリ推しでもなく解りやすく原理や考え方もあり自分には大変読みやすかったです。接待や飲み会、社会人には色々なカロリー誘惑がありますがその切り抜け方や精神的な部分も参考になりました。最後のオマケにあるPFCバランスの整った自作レシピもどれも美味しそうで作ってみたいと思うものばかり、楽しい一冊です。真面目に筋トレや体作りに心掛けている人には是非おすすめします。著者の処女作より断然おすすめ。

 

栄養についての知識がある人でも、シェイプアップのために必要な栄養素は何か、何に着目してどう計算してどう管理していけばいいか、が細かく書かれている。
読み終わってすぐに実践できるはず。もちろん食事制限はつらいので、実践が続くかは別問題。私も現在食事制限進めています。

管理栄養士に色々とアドバイスをもらったこともあるが、細かい栄養素についてくわしいものの「減量のためにどうすればいいか」というノウハウは少なかった。また、インターネットは、〇〇ダイエットなどという情報が溢れており、玉石混交の状態なので、とても有益な一冊でした。
筋トレして締まった体を手に入れたいと思ったら一度は読んでおいて損はない本だと思いました。

Amazonレビュー一覧はこちら⇒『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』のAmazonレビュー一覧

スポンサーリンク

まとめ

ポイントチェック

【『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』をおすすめできる人】

  • 筋トレ初心者
  • ダイエットのための正しい食事の知識を得たい
  • ダイエットをするとよくリバウンドしてしまう
  • Testosterone(テストステロン)さんファン

 

筋トレやダイエットを感覚でやっていた人には、非常におすすめの本です。

中級者以上には目新しいことは書いてありませんが、筋トレの基礎を見直すには最適。

 

やるか、やらないか。問題はそれだけです。

 

皆さんも是非本書を手に取って、人生最後のダイエットに挑戦されてください。

ダイエット関連記事

【書評感想】断食に興味がある方向けの『「食べない」健康法』著者:石原結實

プロテイン置き換えダイエットの効果的なやり方とおすすめ製品4選

【ファスティング】酵素ドリンク・優光泉の飲み方、口コミ、栄養成分

スポンサーリンク

4月 18, 2018

Posted by lex