スポンサーリンク

【人生最後】ダイエットでリバウンドしないための方法5つ

4月 17, 2018

頭にタオルを巻いた女性(エステ・美容)

どうも、レックス(@complexovercome)です。

本日は、ダイエットでリバウンドしないための方法についてお話します。

スポンサーリンク

ダイエットでリバウンドしないための方法5つ

目標を短期に設定し過ぎない

「1週間でマイナス4kg」、「2ヶ月で10キロ減量!」のような短期間で激やせしようとする無茶な目標を設定しないことです。

特に期間は重要。

 

最終的に10kg以上痩せようとすることはほとんど問題ありませんが、短期間で痩せるのは誰しもに問題が伴います。

その最大の問題は筋力の低下。

筋力が低下すれば代謝が悪くなり、どんどん痩せにくい身体になっていきます。

そうするとせっかく体重を落とせても、それを維持するのはどんどん難しくなるのです。

 

それと、ダイエット初期は一気に体重が落ちたように感じることもありますが、それはほとんどが水分。

水分でマイナス1kg、筋肉が落ちてまたマイナス1kg、だけど脂肪はそのまま…。

なんていう、何とも燃費の悪い身体がどんどん完成に向かっていきます。

 

また、過度な食事制限(特に量)をしてしまうと、目標を達成した際についドカ食いしてあっという間にリバウンドという展開になる方が多いです。

 

リバウンドしてしまい、残ったのは代謝の悪い身体だけ。

という悲惨なことにならないよう、計画倒れしやすい短期的なダイエットはやめましょう。

 

それと、目標体重に達したからと、一気に食事の量を戻すのもNGです。

食べ過ぎたら調整、一気にドカ食いしない

ダイエットをしていれば、つい予定以上に食べてしまうことがあります。

そんな時はしっかり翌日に調整しましょう。

 

調整と言っても、いきなり断食する必要はありません。

普段食べている70%くらいに抑えて、徐々に体重を減らしていけばよいです。

断食ができる意思が強い人はそうそういないので、つい一口食べてしまいがち。

そうなると、空きっ腹に食事が染みわたり、一気にドカ食いという負のパターンに…。

 

今までダイエットが続いていた人も、久しぶりに食べた快感から雪崩のような食欲が襲いかかってきて、ついつい大食いしてしまうことがあります。

 

「もういいやっ、ダイエットやぁ~めた!」とならないように、食べ過ぎたと思っても、自制心をもって止まりましょう。

1、2日分の過食なら取り返せます。

筋トレして、タンパク質をよくとる

脂肪を落とすことは大事ですが、同時に筋肉をつけることも忘れてはいけません。

 

どうしても筋肉をつけるというと、嫌がる人がいますが、リバウンドしない健康的な身体作りに筋肉は欠かせません。

ダイエットの本来の目的は体重を落とすことではなく、引き締まった健康的な身体になることです。

私は経験があるのですが、体重を落とすことだけにこだわった減量は、非常にダサい身体を生み出します。

ガリガリなのに、変なところに脂肪があって、不格好。

とてもじゃありませんが、人に見せて喜ばれるような代物ではありません。

 

しっかりとしたトレーニングと、栄養摂取で、ボディメイクにも力を入れましょう。

体を冷やさない

身体を冷やさないことは、ダイエットでは非常に重要。

身体が冷えて内蔵の働きが弱まり、消化吸収機能が弱まってしまいます。

 

ですので、身体を冷やす効果がある食べ物は食べないようにしましょう。

ほうれん草、ナス、きゅうり、レタス、トマト、白菜らの夏が旬の食べ物は控えてください。

 

運動してまで身体を暖める必要はないので、なるべく歩いたり、お風呂上がりにマッサージなどを心がけましょう。

体を十分温かくして、副交感神経を優位にした状態で、就寝することを心がけてください。

質の高い睡眠は、健康と美容面においても、非常に大切なことです。

身体の仕組みや栄養学について自分でも勉強する(他人任せにしない)

一番大切なのは、身体の仕組みや栄養についてしっかり理解することです。

トレーナーや友人から教えてもらうことも大切ですが、自分がしっかりとした知識がないと、インチキダイエット商法や商材に騙されてしまいます。

 

基礎的なことを知っていればわかるようなことに気づけず、高額な商品を購入させられたり、効果のない商品に手を出すことにつながるのです。

勉強と考えると、気が進まないかもしれませんが、好きなことの情報収集は楽しくなっていくもの。

自分の身体を少しでも魅力あるものにするためにも、効率的にダイエットするためにも、身体の仕組みを理解しておきましょう。

まとめ

ポイントチェック
  • 計画は長期的に現実的に
  • 少しでも歩くようにする
  • 砂糖を使用したものをなるべく食べない
  • タンパク質を多く含むもの(肉、魚、大豆)を食べる
  • お風呂に浸かって身体を冷やさない
  • ダイエットサプリ、食材に頼り過ぎない

 

何年も何回もダイエットをせず、今後のダイエットを最後の覚悟で、絶対にリバウンドしないようにしましょう。

せっかく時間とお金をかけるのですから、一生ものの実りあるものとしてください。



人生最後のダイエット – XSLIM

スポンサーリンク

ダイエット関連記事

ダイエットに成功した私が実践している方法、運動&食事スケジュール、秘訣

【書評感想】断食に興味がある方向けの『「食べない」健康法』著者:石原結實

プロテイン置き換えダイエットの効果的なやり方とおすすめ製品4選

スポンサーリンク

4月 17, 2018

Posted by lex