スポンサーリンク

オーストラリアのプロテインは飲みすぎ注意!筋トレ好きは絶対試すべき!

4月 24, 2018

whey protein

どうも、レックス(@complexovercome)です。

私は以前、オーストラリアに住んでいたことがあるのですが、その時飲んだココア味のプロテインは激うまでした。

オーストラリアでトレーナーをしている日本人と話す機会があったのですが、その方曰く『オーストラリアのプロテインはどれも美味しい』そうです。

また、味だけでなく品質の高さもその方は絶賛されていました。

 

私が日本にいた時も日本人のブロガーさんが海外のプロテインをおすすめされている記事を見ていたので、海外のプロテインにはとても興味がありました。

というわけで、今回はオーストラリアで私が購入した『Cellucor  Whey』プロテインの品質と感想についてお話します。

※2018/4/24現在、Amazonで在庫切れしております。
お求めの際は、iHerbでお買い求めください。

スポンサーリンク

日本と海外のプロテインの違い

よく友達から日本と海外のプロテインの違いを聞かれるのですが、私のイメージだとこんな感じです。
▲重要箇所付箋

  • 値段
  • 味の美味しさ
  • 種類の豊富さ

値段

一番の違いは値段

海外のプロテインの方が圧倒的に安いです。

 

最近は日本でも安いプロテインがいくつか出てきていますが、日本の大手メーカーから出されているものはどれも高い印象があります。

まだ日本では需要がそれほど高くないのが原因です

ただ、海外のプロテインが安いといっても、”一杯辺りの値段が安い”わけで一回に買う値段は結構します。

 

どういうことかというと、海外のプロテインはバケツみたいな形をしていて、2~3㌔単位で売られています。

ですので、一回で買う金額は数5千円~1万円をほどします。

 

ただ、一杯辺りのプロテイン含有量を勘案するととても安いです。

【日本国内外メーカーのプロテイン比較】

メーカー 値段(/1kg) 値段(/1杯) タンパク質量(/1杯)
海外大手 2,500~3,300 100~110円 22~25g
日本大手 4,500~5,000 100円 15~18g

※ちなみに海外はこんな感じのプロテイン容器です。

Whey Protein

ですので、筋トレを続けられる自信がない人にはちょっとおすすめできませんが、筋トレを継続できる自信がある方には海外のプロテインをおすすめします。

※最近日本でも、激安プロテインもちらほら出てきてはいます。

この辺も今度ご紹介します。

激安プロテイン「ビーレジェンド」の詳細レビューは別記事を参考にしてください。

 味の美味しさ

それと冒頭にお伝えした通り、海外のプロテインは美味しいです。

 

プロテインが苦手な方な方には、味が美味しくないから好きじゃない方も多いでしょう。

ですので、みなさん好きなジュースと組み合わせりなどの工夫をしていますが、海外のプロテインはそもそも美味しいので工夫をする必要がありません。

 

毎回ジュースを買っていたら費用も馬鹿になりませんので、そういった面でも海外のプロテイン値段を抑えられます。

豊富な種類

最後に種類ですが、簡単にいうと用途別に細かく別れています。

 

例を挙げると身体を大きくしたい人用に一回で千キロカロリーを摂取できるものがあります(笑)

それが以外にも各スポーツ用や就寝前、疲労回復など。

 

実際私が今回オーストラリアで購入した際も店員さんから、『何の目的だ、どんな身体になりたいんだ、一日何回くらい飲む予定なんだ』と細かく聞かれました。

 

上級者になると自分がプロテインを飲む目的を明確にしている必要があります。

初心者の方は値段とたんぱく質含有量を意識すれば良いです。

プロテインの選び方がよくわからない方は、プロテインについてまとめた記事記事もご覧ください。

私が購入したCellucor  Wheyの栄養成分

さて、私が今回購入したプロテインがこちら↓↓

f:id:jubenonz:20161231064209j:plain

わたしのスマホと比較してもらうとわかる通り、ただただデカい!!!

 

このプロテインは4lbですので、kgに直すと1.8kgほどです。

ちなみに右下の52という数字は何回分という意味なので、スプーン一杯を52杯飲めるということです。

 

値段が約6000円なので、一杯あたりだと115円になります。

中を開けるとこんな感じです↓↓

f:id:jubenonz:20161231064532j:plain

私が購入したのはチョコ味なのですが、こんな色をしています。

匂いもほんのりチョコの香りがします。

 

最後に栄養素です。

f:id:jubenonz:20161231064653j:plain

要点だけお伝えすると、一杯辺りに25gのタンパク質を摂取出来て、脂肪も1.5gほどしか含まれていません。

 

日本のプロテインだと一杯辺りのタンパク質は15~18g前後が多いので、一杯辺りのタンパク質含有量は日本のものと比較すると多めの製品です。

ちなみにこのプロテインはベーシックタイプなので、大きな特徴はありません。

 

シンプルにタンパク質多めで、脂肪少なめなタイプです。

実際に飲んでみた感想

さて、実際に飲んでみた感想ですが、

激うまです!!

delicious

もう一杯おかわりしたくなる美味しさです。

日本でもチョコ味のプロテインを飲んだことがあったのですが、それらと比べてもダントツで美味しいです。

グリコ パワープロダクション マックスロード ホエイプロテイン チョコレート味」も、さすがグリコだけあって美味しかったですが、チョコっぽさは「Cellucor Performance Whey」が上。

 

むしろその辺のココアより美味しいかもしれません。

このプロテインを買ったことの副次的な効果はチョコレート代が浮くことかもしれせません(笑)

 

プロテインを水で飲むのが苦手で、いつもジュースやスポーツドリンクを買っているが、その費用を抑えたいという人にはおすすめのプロテインです。

ちなみに私はまだすべて飲み切らぬうちから、今度買う時は違う味も飲んでみようかなと考えていたりします(笑)

 

プロテインの選び方がイマイチわからない方は、下記の記事も参考にしてください。

【初心者向け】プロテインの意味、必要性、種類、使い方、おすすめ

スポンサーリンク

まとめ

海外のプロテインを飲むのは今回が初めてだったのですが、非常に満足しています。

日本人の方にもかなりおすすめです。

 

実際、この商品を買ってから毎日トレーニングをしています。

理由は美味しいプロテインを飲みたいから(笑)

 

海外には本当に様々なタイプのプロテインが存在するので、今後色々と試してみて紹介していきます。

※ちなみに世界で№1と言っても過言ではないプロテインはOptimum Nutritionの『ゴールドスタンダード 100%ホエイ』です。

質・量・値段ともに他を圧倒している、まさに王道中の王道プロテインです!

プロテイン関連記事

【初心者向け】プロテインの意味、必要性、種類、使い方、おすすめ

Amazonで購入できる面白いプロテインランキング

【レビュー】ビーレジェンド ホエイプロテイン 南国パイン風味

プロテイン置き換えダイエットの効果的なやり方とおすすめ製品

スポンサーリンク

4月 24, 2018

Posted by lex