スポンサーリンク

【半年で7.3kg減&体脂肪率13.5%】ダイエット成功画像と体重記録【2018年3月編】

4月 30, 2018

美味しい日本酒を堪能するほろ酔い美人

どうも、レックス(@complexovercome)です。

本日は、ダイエット半年経過した時点での中間報告をします。

前回の報告から4か月間も期間が空いてしまい、申し訳ありません…。

 

ぶっちゃけサボってました。

一回かなりリバウドしたのですが、ようやくまた絞れてきたので、報告を再開した次第です。

少し時間はかかりましたが、半年で7.3kg減&体脂肪率13.5%まで絞ることに成功しました。

早速アフターの身体と証拠の体重計写真をお見せしていきます。

スポンサーリンク

ダイエット記録の振り返り

【2017年10月】の身体記録と体型写真

ダイエット開始前の身体↓↓

【2017年10月】の身体記録と体型写真
2017/10/4

【身体記録 2017/10/4】

  • 体重:68.9kg
  • 体脂肪:18.2%
  • BMI:23.9
  • 筋肉量:53.4kg
  • 推定骨量:2.9kg
  • 内臓脂肪:8.0レベル
  • 基礎代謝量:1591kcal/日
  • 体内年齢:24才
  • アクティブ度:92

 

証拠の画像は以下の通り。
※重要な項目だけを抜粋しています。

2017/10/4/体重
2017/10/4/体脂肪率
2017/10/4/筋肉量

【2017年11月】の身体記録と体型写真

1ヶ月後の経過報告↓↓

【2017年11月】の身体記録と体型写真

【身体記録 2017/11/1】

  • 体重:68.9⇒64.5kg
  • 体脂肪:18.2⇒15.8%
  • BMI:23.9⇒22.5
  • 筋肉量:53.4⇒51.5kg
  • 推定骨量:2.9⇒2.8kg
  • 内臓脂肪:8.0⇒6.0レベル
  • 基礎代謝量:1591⇒1526kcal/日
  • 体内年齢:24⇒20才
  • アクティブ度:92⇒96

【2017年12月】の身体記録と体型写真

開始2ヶ月後の記録と写真↓↓

【2017年12月】の身体記録と体型写真

 

【身体記録 2017/12/1】

※()内は開始時比

  • 体重:64.5⇒64.1kg(-4.7)
  • 体脂肪:15.8⇒14.3%(-3.9)
  • BMI:22.5⇒22.3(-1.6)
  • 筋肉量:51.5⇒52.1kg(-1.3)
  • 推定骨量:2.8⇒2.9kg(0)
  • 内臓脂肪:6.0⇒5.0レベル(-3.0)
  • 基礎代謝量:1526⇒1543kcal/日(-48)
  • 体内年齢:20⇒18才(-6)
  • アクティブ度:96⇒98(+6)

【2018年3月】の身体記録と体型写真

開始半年後の記録と写真↓↓

【身体記録 2018/3/24】

※()内は開始時比

体重:64.1⇒61.6kg(-7.3)
体脂肪:14.3⇒13.5%(-4.7)
BMI:22.3⇒21.4(-2.5)
筋肉量:52.1⇒50.5kg(-2.9)
推定骨量:2.9⇒2.8kg(-0.1)
内臓脂肪:5.0⇒4.0レベル(-4.0)
基礎代謝量:1543⇒1492kcal/日(-99)
体内年齢:18⇒18才(-6)
アクティブ度:98⇒98(+6)

 

見事開始から半年で-7.3kgの減量に成功。

体脂肪率はとうとう13%台に突入し、いよいよ一桁台も現実味を帯びてきました。

 

写真写りは悪いのですが、見た目も結構悪くないです。

 

ただ、気になるのは筋肉量が低下し過ぎていること。

脂肪を減らす過程で、筋肉も減少するのは致し方ないことなのですが、ちょっと筋肉を削り過ぎました。

肩系の種目(主にダンベル)を行う際の、扱える重量が下がり気味。

実際見た目でも肩のパンプ具合が悪く、改善点。

 

元々胸と肩は伸びやすい部位で、自分の中では気に入っている箇所。

見た目にもかなり影響する部分なので、今後は肩と胸を意識的に強化していきます。

 

腹筋は絞る過程で、もっとシックスパックがはっきりするでしょう。

トレーニングをしていても腹筋の強さや硬さを非常に感じるので、引き続き今のトレーニングを実践します。

スポンサーリンク

現在実施しているダイエットと理論&役立ちグッズ一覧

2017/10のダイエット開始当初から実施している、糖質制限とリーンゲインズダイエットを引き続き継続実践。

運動はほぼ週に3、4回15分間だけトレーニング。

一回にかける時間も頻度も減らし気味。

 

相変わらずですが、ランニングやジョギングといった有酸素運動は一切行わずにこの結果。

口を酸っぱくしていいますが、本気で痩せたいなら有酸素運動よりも食事改善を優先してください

 

と人に言っておきながら、意志が弱くダイエットを放置していた私。

一時は体重が66kg近くまで戻り、軽くヤバい状態でした。

 

ただ、そこから一気にボディメイクできたのは、身体の仕組みと自分の体質をわかっているから。

何を食べれば太りづらく筋肉がついて、何をしたら自分は太ってしまうのか。

トレーニング、栄養学、自分の身体の性質、性格…

 

ダイエットを初めて本格的に行ってから早4年。

ようやく自分の身体との向き合い方がわかってきました。

 

最近はトレーニング器具を揃え始めだして、またやる気が出てきました。

これから薄着が目立つ暖かい季節。

別に見せるためにやるわけではありませんが、見られる意識があるとないとでは雲泥の差です。

冬はどうしても服装で誤魔化せるので、怠けてしまいがち…。

 

かつての胸筋と肩のパンプ具合を取り戻し、追い越すためにも、自分をもっと追い込んでいきます。

今後の目標とダイエット&筋トレ計画

今後も引き続き2016年7月の過去最高状態を取り戻しにいく予定。

2016/7

写真のデータ:体重が62kg、体脂肪率は11%。

 

ようやく過去の身体を超えるチャンスが、身体的にも、精神的にも、状況的にも、整いました。

今は自分の意思次第でトレーニングの頻度と強度を高められる環境にあるので、大チャンスです。

 

問題は今後の減量期と増量期の考え方。

正直かなり中途半端な時期と状態なので、これからの計画を悩んでいます。

 

増量期にしっかり身体を大きく(筋肥大)しなかったので、これ以上絞ると筋量がさらに落ちてしまうのが懸念点。

絞るのは簡単なのですが、ただ締まってるだけの身体になります。

58kgくらいで体脂肪率1桁%を目指してもいいのですが、それは一度マラソンの時にベストな身体を作ったことがあるので気が進みません。

 

せっかくなら上半身をがっしりさせたいので、もう一回少し大きくして、絞っていきます。

【今後の計画案】

4月⇒増量

5月⇒減量

6月⇒増量

7月⇒減量

or

4、5月⇒増量

6、7月⇒減量

 

理想は後者なのでしょうが、二か月間もしっかり減量期間を守れる自信がありません(意志薄弱なので)。

 

精神的な安定感を考慮すると、増量と減量期が細かく交互に来る方が自分には向いています。

若干非効率なのですが、減量失敗してリバウドしてしまうリスクを考慮すると、減量&増量を1か月ごとに入れ替える方が結果的には効率的かもしれません。

 

どの道この冬は増量に失敗しているので、せっかくなら新しいトレーニング周期の方法を試してみます。

何事も相性があるので、もしかしたら自分に合った方法を会得できるかもしれませんしね。

 

改めて下記に今後の目標体重と体脂肪率を記載します。

【理想の体重&体脂肪率の目標】

  • 体重:68.9kg→62.0
  • 体脂肪率:18.2%→10%

自分の身長(170cm)と今の筋量を考えると、体重と体脂肪率は上記が限界かなと。

将来的には65kgで8%を目指してみたいですが、恐らくわりと不格好な体型になるのではと想像。

 

あくまで自分が今後生活しやすい、生きやすい身体を見つけるのが目標。

体型維持に苦しくなって、人生が息苦しいものになっては本末転倒。

 

トレーニング方法や精神的な安定も考慮して、自分にあったベストの身体を見つけます。



結果を出せるヨガ【ボディメイクホットヨガLIPTY】

スポンサーリンク

まとめ

やっぱり良い身体をキープできていると、精神的な充実感が段違いです(笑)

 

結果が出る⇒気分が良い⇒また頑張れる⇒また結果が出る⇒気分が良い

 

という、好循環がようやく回りだしました。

ダイエットやトレーニングはやればやっただけ、結果がダイレクトに反映されます。

それが楽しさでもあります。

これからもダイエット実践&報告を続けていきますので、是非ご覧になってください。

Next 報告記事!

スポンサーリンク

過去の筋トレ&ダイエット実践記記録記事

写真付き28歳のデブがシックスパックを手に入れるまでの体重記録【2017年10月】

【1ヶ月で4kg減】写真付き28歳のデブがシックスパックを手に入れるまでの体重記録【2017年11月】

【2ヶ月で体脂肪率4%減】写真付き28歳のデブがシックスパックを手に入れるまでの体重記録【2017年12月】

スポンサーリンク

4月 30, 2018

Posted by lex