スポンサーリンク

筋トレ・糖質制限中に使える無糖・無塩・無添加の「アリサン ピーナッツバタークランチ」

どうも、レックス(@complexovercome)です。

本日は、筋トレ・糖質制限中に使える無糖・無塩・無添加の「アリサン ピーナッツバタークランチ」をご紹介します。

 

現在私は人生最高のボディを手に入れるべく、日々筋トレ&ダイエットを継続中。

最近は一度身体を大きくする覚悟で、筋肉を付けるアプローチを行っています。

 

ただ、いくら身体を大きくしたいと言っても、なかなか食が進みません。

プロテインだとたんぱく過ぎますし、ご飯やお肉では食べられる量に限界があります。

何か手軽に栄養(たんぱく質)を摂取できるものはないかと色々探してたどり着いたのが、「アリサン ピーナッツバタークランチ」。

 

私のイメージですが、ピーナッツバターは特に海外のトレーナーや健康志向の方々が、好んで食べている印象があります。

ピーナッツバターと言うと、脂肪が多くてトレーニングには不向きな印象を一見受けますが、実態はかなり栄養価の高い筋トレ・ダイエット向けの食品でした。

私のように身体を大きくしたい方以外にも、健康志向の方やナッツ好きの方なら、買っておいて損はありません。

 

今回はなぜピーナッツバターが筋トレに向いているのか、私が購入した「アリサン ピーナッツバタークランチ」の味や使い方(食べ方)などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ピーナッツバターが筋トレに向いている理由3つ

ピーナッツに含まれる油の栄養価は健康とダイエットに最適

ピーナッツは、非常に栄養価の高い食品として知られています。

1 コレステロールを減らす太りにくい脂肪
2 ピーナッツで糖質制限ダイエット?
3 糖尿病のリスクを減らす
4 「お酒のお供にピーナッツ」には理由がある!
5 抗酸化作用で老化を防ぐ
6 記憶力アップ効果
7 ピーナッツの薄皮に含まれる話題の「レスベラトロール」とは?
7.1 【抗ガン作用】
7.2 【アンチエイジング】
7.3 【美肌効果】
7.4 【認知症に効果】

引用:ピーナッツの栄養・カロリー・驚きの健康効果 | ピーナッツ専門店の鈴市

どうしても”脂肪”と聞くと、ダイエットをしている人には悪い印象があります。

ところが、脂肪には良い脂肪も悪い脂肪もあり、使い方によっては、ボディメイクの強い味方になってくれるのです。

ピーナッツに含まれる脂肪は、植物性脂肪。
不飽和脂肪酸やオレイン酸やリノール酸、α-リノレン酸などが豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸は、体内で作り出せない必須脂肪酸の一つ。 そのため、食事から摂取する必要があります。

植物や魚に多く含まれており、魚や豆類がヘルシーな印象をあたえるのは、不飽和脂肪酸も関係しています。

オメガ3系脂肪酸は、代表的な脂肪酸としてはα-リノレン酸があり、α-リノレン酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。α-リノレン酸は、体内に入ったあと、代謝されてEPA、DHAとなります。植物由来の油では、えごま油や亜麻仁油に多く含まれるほか、青魚含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系列脂肪酸です。

引用:脂肪酸の種類について|J-オイルミルズ

 

ピーナッツの油は一価不飽和脂肪酸に分類されるのですが、血液中のコレステロールを下げる効果も期待される健康的な油なのです。

一価不飽和脂肪酸でよく知られているオレイン酸はオリーブ油に多く含まれ、血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。

引用:不飽和脂肪酸 | e-ヘルスネット 情報提供

ピーナッツにはたんぱく質が豊富に含まれている

筋トレにも、ダイエットにも良い理由の一つがたんぱく質の豊富さ。

※たんぱく質が健康に与える好影響はここでは割愛します。
詳細は「プロテインの意味」をまとめた記事を参照してください。

 

ピーナッツバターには、「100g当たりに約20g」前後のたんぱく質が入っています。

100gも毎日食べるのは難しいでしょうが、トースト1枚に塗る平均的な量だけでも、5g前後はたんぱく質を摂取できます。

卵1個でたんぱく質が約6g含まれていることを考えると、かなりの量のたんぱく質が入っていることがおわかり頂けるでしょう。

体重60kgの人なら、一日の必要なたんぱく質の1/10は摂取できてしまいます。

卵とほぼ同じたんぱく質と言っても含まれている、その他の栄養分は違います。
ですので、卵とピーナッツそれぞれ異なる良い栄養を摂取できることを考えると、ピーナッツバターを利用するメリットはたんぱく質摂取以外にもあるのです。

手軽に摂取できる

かなり大きなメリットは手軽に摂取できること。

ピーナッツバターの食べ方は色々ありますが、基本的に何かに付けるか、そのまま食べる(舐める)か。

後ほどお見せしますが、ピーナッツクリームと違って、ピーナッツの実がゴロゴロ入っています。
ですので、スプーン1杯で舐めるだけでも、ちょっとしたおやつ(間食)替わりになるのです。

そのため、わざわざ食事の用意をしたり、ゆで卵を茹でたりなどの手間がいりません。

お腹が空いた時に、手軽に摂取できるので、筋トレ&ダイエットをする人にとってはありがたい存在です。

【注意!】ピーナッツバターとピーナッツ”クリーム”の違い

一つ注意しておくべきは、ピーナッツバターとピーナッツ”クリーム”の違い。

恐らく大半の人が、イメージするのは甘くて美味しいピーナッツクリーム。

 

一番の大きな違いは、砂糖などの甘味料が入っているかどうかです。

ピーナッツクリームの場合は、とにかく美味しく食べてもらうことが目的になっているのです、非常に甘くないっています。

対して、ピーナッツバターの場合は、人工甘味料も一切使用しない、無添加です。
砂糖や塩も使っていないため、健康にも非常に良い製品。

ですので、筋トレやダイエット目的で購入する人は、間違ってもピーナッツクリームを購入しないようにしましょう。

同時に、購入を検討しているピーナッツバターが無塩、無糖、無添加であることも十分にご確認ください。

スポンサーリンク

無糖・無塩・無添加の「アリサン ピーナッツバタークランチ」を実食

今回私が購入したのは、「アリサン ピーナッツバタークランチ」。

アリサンは、アメリカのメーカーです。

乳化剤、安定剤も一切使用しない、ピーナッツだけのナッツバター。 クランチタイプなので、ピーナッツの実が入っており、食べ応えも抜群のタイプです。

 

瓶のラベルには、塩、砂糖、無添加(No Salt,Sugar,Additives)の文字。

海外の製品なので英語表記だけだと思っていたのですが、英語と日本語で説明が書かれています。

保存方法は、直射日光を避けて常温保存。
開封後は、冷蔵保存とされています。

【栄養成分(30g当り)】

  • エネルギー:210kcal
  • たんぱく質:9g
  • 脂質:16g
  • 炭水化物:6g
  • ナトリウム:0mg

カロリーはそこそこ高いので、使用の際は15g前後で抑えた方が良さそうです。

 

2年前のAmazonレビューを見ると、日本のJAS認定を受けていなかったようですが、2018年4月現在はJAS認定済み。

加えて、アメリカ農務省(USDA)のオーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)の認定も受けています。

栄養成分、無添加・無塩・無糖、認定付きと、製品力の高さには問題ありません。

 

さて、肝心の中身ですが、蓋を開けると油が分離していました。

どうやら乳化剤、安定剤を一切使用していない影響のようです。

開封後は最初にスプーンで全体を混ぜる必要があります。

 

結構固かったですが、混ぜ合わせると結構良い感じ。

 

早速、トーストに塗って実食。

結構ワクワク…

 

感想としては、シンプルに上手いです!

かなり口の中でピーナッツの香りが広がって、「ピーナッツってこんな味なのか!」と、本来の豆の旨味と香ばしさを実感しました。

結構お腹にガツンとくるタイプなので、間食には最適かもしれません。
食べ過ぎれないタイプのやつです。

後で何も付けずに食べてみたのですが、それでもかなり食が進みました。
癖になるやつですね。

そのままでも美味しいですし、パンに塗ったり、バナナなどの果物に付けたり、お菓子に混ぜ合わせても、美味しく頂けるでしょう。

無糖、無塩タイプのピーナッツバターは、ピーナッツクリームのイメージに引きずられていると変な感じがしたのですが、食べてみると結構慣れます。

これならトレーニング前の小腹が空いているときや、食欲が進まない時でも、手軽にたんぱく質と栄養を摂取可能。

454gで値段が1,400円前後するので、お値段は高めではありますが、身体の健康のことを考えると、非常に優れた製品です。

※値段は2018/4/18時点のものなので、変わることがあります。
Amazonで実際に確認するようお願いします。

「アリサン ピーナッツバタークランチ」のAmazonレビュー

めっちゃ美味しい
こんな美味しいピーナッツバターをもっと早く出会えれば良かったと後悔しました。
無糖でも自然の素材の甘みがあるので飽きないです。
最初全体的に混ぜてからでないと分離してるので濃度にばらつきがあります。
使ったら冷蔵庫に入れていますが、使い難い事はないです。

 

一番最初注文した時には失敗と思いました。何故ですって? 甘くないです。当然ですけどねーでも段々段々慣れて、今度は食べるのが辞められません。おすすめです

 

筋トレ初心者で食が細いため、カロリー摂取の目的で購入。
無添加で味も良く、スプーンですくってそのまま食べてます♪
冷蔵庫で保管してますが、やはり固くなってしまうのは食品の特性上、仕方のないことですね。
それでも近くのスーパーでは無添加のピーナッツバターの取り扱いがなく、
かといって値段も手頃で購入できるので助かってます。

 

余分なものを添加していないので、ピーナッツの味がそのまま楽しめます。
ツブツブがアクセントになって美味しいです。
手作りクッキーに混ぜると美味しさが際立ちます。

 

これは、美味しかったですね!トーストに無くてはならない物になりました。
ただ夫は、口に合わなかったようで、、、好き嫌いが分かれるみたいです。

 

以前、ハワイのオーガニックスーパーで購入して、食べまして気に入ってます。
探していましたが、今回見つかって、購入しました。

 

砂糖食塩なし!ピーナッツそのものの甘さ。濃厚でツブツブ食感最高に美味しいです。くるみパンやライ麦パンなど塗ってピーナッツとのWの食感!たまりません。添加物も無しなのでスーパーなどの添加物たくさんの物よりはお値段はお高いですが、これだけの出す価値ありです。
届いた日が30度だったので、余裕に下からかき混ぜました。後は油分と分離せず冷蔵庫に保管できてます。開封した日に、しっかり混ぜるのが油分との分離を防げるポイントです。
きっと冬場はかき混ぜるのが大変ですね。

 

「無添加、無塩、無糖」のピーナツバターとして、身体的に安全かつ安心して食べられる貴重なピーナツバターです。高価な商品ですが、他には換え難い価値ある品物です。アリサンは輸入業者であり、製品自体はアメリカのOnce again社が製造しているようです。本商品は日本のJAS認定を受けていませんが、アメリカ農務省(USDA)のオーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)の認定を受けています。NOPは非常に厳しい認定基準を課しているため、本製品は安心して食べることが出来ます。

開封してまず気づくのが、圧倒的に濃密なピーナッツの香り。香り同様、味わいもとにかく濃密としか言いようがありません。自然な甘味は微かに感じられますが、ほぼピーナッツの味です。いわゆる人工的な砂糖の甘さはないので飽きずに食べ続けることができそうですが、私は少量の蜂蜜を混ぜて食べています。そうでもしないと、むせ返るような濃密なピーナッツの香味に圧倒されてしまいます。尚、本製品はスムースとクランチとありますが、クランチの方がピーナッツの粒が残っているためか、食べごたえがあります。

普通のピーナツバターとこれほど違うのかと驚かされた逸品でした。

引用:『アリサン ピーナッツバタークランチ』のAmazonレビュー

まとめ

ポイントチェック

【「アリサン ピーナッツバタークランチ」をおすすめできる人】

  • 健康志向の方
  • 無糖、無塩、無添加のオーガニック製品を探している
  • ピーナッツが好き
  • お菓子作りや料理が好き
  • 筋トレやダイエット中の間食品を探している

 

元々は筋トレのために購入したのですが、普段使いにも十分使用できるものでした。

お値段はそこそこしますが、それだけ製品と製法にもこだわっている証拠でもあります。

日米の認定を受けた安心安全の製品ですので、健康志向が強い方は、是非一度お試しください。

 

スポンサーリンク

筋トレグッズ関連記事

Amazonで購入できる面白いプロテインランキング4

リーンゲインズ(筋トレ)中のトレーニングに必要な栄養素とサプリ一覧

【2018年版】人気おすすめ加圧シャツランキング5と購入する際の注意点2つ

スポンサーリンク

Posted by lex